平原草々の日記

思ったこと、音楽、本の感想など

2021-04-17から1日間の記事一覧

ショパンの「ピアノ協奏曲第2番」

ショパンの「ピアノ協奏曲第2番 へ短調 作品21」を紹介します。 ショパンの2曲あるピアノ協奏曲のどちらかと言えば、圧倒的に2番が好きです。若きショパンの生み出した、あふれるリリシズム、青春の息吹、激しい情念、こういったものが1番に比べて、よりスト…

ブラームスの「交響曲第2番」

ブラームスの交響曲は全部で4曲ありますが、私の好みは、4番≧3番≧2番>1番といった感じで、1番を除く残りの3曲が特に好きで良く聴きます。1番には硬い印象があり、その厳めしさにあまり好んで聴くことがありませんでした。 この「交響曲第2番 ニ長調 作品73…

スパークの「ドラゴンの年」

フィリップ・スパークの「ドラゴンの年」を紹介します。 スパークはイギリスの作曲家であり、この作品は、もともとはブラスバンド(金管バンド)のために書かれた作品ですが、後に、作曲家自身が吹奏楽の編成に編曲しています。 曲は3つの部分から成り立って…

ベネットの「古いアメリカ舞曲による組曲」

ロバート・ラッセル・ベネットの「古いアメリカ舞曲による組曲」を紹介します。 ベネットは、アメリカの作曲家、編曲家で、主に、映画音楽やミュージカルの分野で活躍した人です。ヨーロッパでは、コープランドも学んだナディア・ブーランジェに師事していま…