平原草々の日記

思ったこと、音楽、本の感想など

モーツァルトの「クラリネット五重奏曲」

モーツァルトの「クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581」を紹介します。
以前、モーツァルトクラリネット協奏曲が好きだという記事を書きましたが、クラリネットが主役のもう一つの代表曲「クラリネット五重奏曲」も好きな作品です。
この曲も、モーツァルトの友人のクラリネット奏者シュタードラーのために書かれています。
クラリネット協奏曲のような、晩年の澄みきった境地まではいってないと思うものの、透明感のある冒頭の弦楽四重奏を聴くと、どこか天上の世界に遊ぶような感じがします。
その後も、室内楽という親密な空気をたたえた曲調なので、やさしく心に寄り添ってくるような音楽が展開されます。
この作品については、クラリネット協奏曲の愛聴盤としてあげたライスター、マリナー/アカデミー室内管のような、一発で心惹かれるようなCDに出会わずにいて、長い間、好きな曲だけど自分の中の決定盤に巡り合えないような状態が続いていました。
その頃は、プリンツとウィーン室内合奏団、ライスターとアマデウス弦楽四重奏団のものを聴いていましたが、どちらも、どこかもう一つ好きになれませんでした。
私は、バックの弦楽四重奏団の演奏が、きちっとしているものが聴きたいとずっと思っていました。
そして、シフリンとエマーソン弦楽四重奏団の演奏を聴いたところ、弦楽四重奏の演奏がとても緻密であり、今のところ、この演奏が一番好きなものです。
私はこの演奏を、コリンズのバセット・クラリネットプレトニョフロシア・ナショナル管弦楽団クラリネット協奏曲と一緒になったCDで聴きました。
このクラリネット協奏曲も大変な名演だと思って聴きました。
ライスター盤に次ぐ愛聴盤ができてうれしく思っています。
その後、ペーター・シュミードルとウィーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団の演奏も聴きました。とてもふくよかな表現で、明るいウィーンの陽光を感じさせる名演だと思いました。