平原草々の日記

思ったこと、音楽、本の感想など

川崎美保「パルス・モーションⅡ」

川崎美保さんの「パルス・モーションⅡ」を紹介します。

この作品は以前紹介した間宮芳生さんの「ベリーを摘んだらダンスにしよう」と同じ、1994年の吹奏楽コンクールの課題曲でした。

いわゆるミニマルミュージックの手法で作られた作品で、今までの吹奏楽曲にはなかったような作風であり、はじめて聴いたときには新鮮に感じました。

まさにパルス(拍動)を思わせる同音連打にのって、あざやかな和音が、点滅するように鳴り響きます。

リズム動機の組み合わせで曲は進行していきます。

中間部に妖しい雰囲気を漂わす部分があるものの、曲全体を通しては、明るく近未来的なイメージを抱きました。

課題曲の参考演奏録音で聴いた他に、『吹楽Ⅱ』という邦人作品のコンサートを収めたアルバムの中の、金洪才/東京佼成ウインドオーケストラの演奏でも聴きました。

やはり、どこか他の作品とは違う明るさ、親しみやすさがあるように思いました。

私は、この曲を演奏する機会があり、それは練習合奏だけで終わったのですが、演奏に参加したとき、反復音を吹いていると、一種のトランス状態に陥ったことを覚えています。

どこか、いつもの合奏とは違った色彩感を感じ、この曲を舞台で吹いてみたいと思ったのですが、叶わなかったです。

今でも演奏を聴き始めると「ドドドド、ドドドド、ンパンパ、ドドドド、ンパッ」と口ずさんでしまいます。