平原草々の日記

思ったこと、音楽、本の感想など

河出智希「斜影の遺跡」

河出智希さんの「斜影の遺跡」は、1991年の吹奏楽コンクールの課題曲でした。
この作品も、以前紹介した「深層の祭」と並んで、音楽の緊張度のとても高い作品だと思います。
しかも、外に向かって放射するパワーは「深層の祭」以上にも思え、後半のテンポの速い部分は、怒涛の展開というか、最後のトランペットソロまで駆け抜けるような勢いが持続しており、聴いていても手に汗握るような気がします。
また、技術的にもかなり高いものを要求しており、全国大会での演奏をいくつか聴いたなかでも、万全といえるものはほとんどなかったように思います。
その中で「深層の祭」の時にも取り上げた、ヤマハ吹奏楽団浜松の全国大会での演奏は、課題曲の参考演奏以外では、一番この作品の求めるものに近い演奏ではないかと思っています。
この作品は、スコアも買った思い出深い作品であり、私自身も、いつかはこんな作品を書いてみたいたいと憧れていたものです。
久しぶりに聴き返しましたが、やはり素晴らしい作品だなと改めて思いました。