平原草々の日記

思ったこと、音楽、本の感想など

穂村弘『短歌の友人』

穂村弘さんの『短歌の友人』を読みました。
ネット上でちらっと読んだ現代短歌に興味を抱き、詳しく知りたいと思ったものの、何から読んだらいいのか迷い、文章が面白そうで著書を多く出しておられる穂村さんの歌論集から読んでみることにしました。

本当に穂村さんの文章はわかりやすく、現代短歌の傾向やその魅力について、難しい面もありましたが、なんとなく理解することができました。
取り上げられた短歌はどれも興味深かったものの、私にとっては今一つ魅力的なものに思えず、ネット上でみたものを探すも見つけられず、もっと現代短歌について知るために、次は何を読もうかと思案しています。