平原草々の日記

思ったこと、音楽、本の感想など

永田和宏『現代秀歌』

永田和宏さんの『現代秀歌』(岩波新書)を読みました。
素晴らしい読書体験でした。
手元に置いて繰り返し読みたい本になりました。
短歌というものを、今までは、あまりに別世界のものとして捉えすぎていたように思いました。
この本で、短歌がもっと身近な存在であることに気づかされ、私も歌を詠んでみたい気持ちになりました。
この中で取り上げられている短歌は、どれも息づいた言葉で書かれているように感じられ、それらを紹介する永田さんの文章も大変滋味豊かであり、短歌の魅力をしっかりと受け止めることができたように思います。
取り上げられている歌人の中で、永井陽子さんの作品に一番心惹かれました。
その何気ない風情と軽やかな音楽性に、優しい風が吹いているような印象を受けました。
この方の作品をもっと読んでみたいと思いました。
永田さんの本は、姉妹編である『近代秀歌』も購入したので、そちらもじっくりと読んでいきたいと思います。