平原草々の日記

思ったこと、音楽、本の感想など

2022/8/7(日)

一週間飛んでしまいました。
調子は、体の具合がずっと悪く、今一つの状態が続いています。精神的には落ち着いて過ごしています。
最近は、ブログの事を忘れることも多く、また、読書も捗らず、熱が冷めてしまったような感じがします。
また、書く意欲が出たら何か書いてみたいと思います。

2022/7/24(日)

この一週間はずっと体調が悪く、調子がよくありませんでした。
精神的には問題なかったのですが、身体的に苦しい日々が続いて、今もまだ本調子ではない感じです。
調子を崩すと、健康のありがたさが身に染みてわかります。
明日からも体調に気をつけて頑張っていきたいと思います。

2022/7/18(月)

昨日はいろいろあって、毎週日曜日に書いている日記が書けませんでした。
ちょっと大きな出来事があったのですが、とりあえず終わってホッとしています。
また明日からの仕事を頑張っていきたいと思います。
いろいろ考えることはあって、結局考えるだけで現実は何一つ変わらないのですが、しかし、考え続けないといけないのだと思います。

2022/7/3(日)

調子はまあまあです。
仕事も安定して取り組めています。
最近は、あまりに平々凡々な毎日を送っているため、特に書くことがありません。
まあ、これが幸せな日常というものなんだと思います。
穏やかに過ごしていきたいと思います。

ジョン・ファウルズ『魔術師』

ジョン・ファウルズの『魔術師』(河出文庫)を読みました。
凄い、凄すぎるの一言です。
とりつかれたように読み耽ってしまいました。
以前学生時代に読んだときも面白く読んだ記憶はあったのですが、今回読み返してみて、驚きを新たにしました。
まず、松浦寿輝さんが言っておられるように、小笠原豊樹さんの訳文が素晴らしいと思いました。
もちろん、原語で読んだわけではないので正確さとかはわかりませんが、日本語としてとてもリーダブルであり、文章からも、まるで妖気が立ち昇っているような感じがしました。
ストーリーも、手に汗握る展開であり、内容も、無茶苦茶濃くて、本好き、特に西洋文学好きにはたまらないと思います。
ジョン・ファウルズの邦訳作品は、今や手に入りにくいものばかりのようであり、私も他には『コレクター』しか持っていないのですが、他の作品も是非読んでみたいと思っていますので、もっと手に入りやすい状態になってほしいと思っています。